平沼翔太選手が決勝打! 北海道日本ハムが完封リレーでカード勝ち越し

2019-05-16 20:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

【7回表】待ちに待った先制点!! ファイターズ・平沼のタイムリー2ベース!!

 5月16日、東京ドームで行われた楽天と北海道日本ハムの9回戦は2対0で北海道日本ハムが勝利した。北海道日本ハムの完封勝ちとなったこの試合では、堀瑞輝投手が今季2勝目を挙げた。

 試合は白熱した投手戦となった。北海道日本ハム先発の加藤貴之投手は5回を投げ1安打と完ぺきに楽天打線を抑え込むと、楽天先発の辛島航投手もたびたび走者を得点圏に背負うものの要所を締め、北海道日本ハム打線にホームを踏ませない。

 北海道日本ハムは6回から継投へ。6回を堀瑞輝投手が楽天打線を3者凡退に切って取る。援護したい打線は7回表、先頭の清水優心選手が二塁打を放つと、すかさず中島卓也選手が犠打を決め、1死3塁の好機を得る。すると、続く平沼翔太選手があわやホームランかというフェンス直撃の適時二塁打を放ち、北海道日本ハムは待望の先制点を手にした。

 北海道日本ハム打線は8回表、近藤健介選手の適時打でさらに1点を追加。投手陣も7回裏を公文克彦投手、8回裏を宮西尚生投手、9回裏を秋吉亮投手が無失点に抑え、完封リレーで試合を締めくくった。試合は北海道日本ハムが2対0で勝利した。

 勝利した北海道日本ハムは投手陣が昨日の雪辱を果たす完封リレーで勝利を手繰り寄せた。打線も4年目・平沼翔太選手が決勝打を放ち、お立ち台に上った。敗れた楽天は辛島投手が力投するも打者陣が沈黙し、カード負け越しとなった。

文・鈴木海斗