高橋礼~日本代表への期待も。球界最速の“本格派”アンダースロー~(福岡ソフトバンクホークス)【インサイト的選手名鑑】

2019-05-16 21:43 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

《THE FEATURE PLAYER》H高橋礼 無邪気な笑顔のサブマリン(ほぼH川島)

高橋礼(たかはし・れい)/投手

#28/1995年11月2日生まれ
188cm・84kg/右投右打


 専大松戸高校、専修大学を経て2017年のドラフト2位で福岡ソフトバンクに入団した高橋礼投手は、プロ1年目の2018年に二軍で27試合に登板し、5勝2セーブ、防御率1.21という素晴らしい数字を記録。一軍でも12試合で防御率3.00と安定感を見せ、故障者が相次いだ投手陣にあって確かな存在感を発揮した。

 「パーソル クライマックスシリーズ パ」ではシーズン0勝ながら第5戦の先発を託されてチームの勝ち抜けに貢献し、日本シリーズでも3試合に登板して無失点と好投。188cmの長身かつ、アンダースローながら140km/hを超える直球を投じるなど球界でも希少性の高い存在であり、シーズン終了後には侍ジャパンにも選出。日米野球ではMLBの強打者たちとも真っ向勝負を繰り広げた。

 続く2019年は開幕からローテーションの一角に入り、3月31日の今季初登板では昨季のリーグ王者・埼玉西武を相手に6回1失点の好投でプロ初勝利をマーク。3試合で3連勝、防御率0.90と絶好のスタートを切ると、5月まで無傷の5勝をマークし、初のオールスターゲームにも選出された。

 その後も先発ローテーションの一員として安定した投球を続け、8月13日の対楽天戦で節目の10勝目をマーク。令和の鷹投手陣に欠かせない存在となった。最終的には23試合に登板し、12勝6敗、防御率3.34の好成績で規定投球回にも到達した。日本シリーズ第2戦では7回2死まで圧巻の無安打投球で巨人打線を封じ込める快投を披露。シーズン序盤の流れをぐっと手繰り寄せ、日本一に貢献し、見事、新人王も受賞した。さらには、プレミア12の日本代表にも選ばれ、決勝の韓国戦を含む2試合で勝ち星を挙げる活躍。その名を世界に轟かせた。

 絶滅危惧種と称されるアンダースローの中でも、速球派の高橋礼投手は唯一無二といえる存在。打者の目線を変えるという意味合いでも国際大会で必ずや重宝されるはずだ。課題はスタミナ面で、ここまで過去2年間完投経験がない。来たるべき東京オリンピックに向けても、より強いスタミナを身に付けた高橋礼投手を待望したい。

(2020/2/3 追記)

ホークス・高橋礼 6回1失点の好投でプロ初勝利

高橋礼投手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

鷹ドラ2サブマリンにプロの洗礼 右手が地面に当たる珍事「最近多くなってる」
投球時に手がマウンドに当たってしまうという事態は、高橋礼投手が極めて低いリリースポイントからボールを投じていることの証左でもある。現在のNPBにおいては絶滅危惧種に近くなっている本格派のアンダースローとして、あらゆる意味で異彩を放つ存在と言えそうだ。

驚異の強心臓ルーキー 鷹のサブマリン高橋礼、CSは「大舞台だと思ってない」
高橋礼投手は普段からメンタル面の強さや、目標の高さを感じさせるコメントをたびたび残している。そんな彼にとっては、勝てば日本シリーズ進出が決まる大一番の重圧もどこ吹く風。ポストシーズンにおいては先発投手が試合を作れるか否かで試合展開が大きく変わってくるだけに、緊張とは無縁の右腕の存在価値は今後さらに高まっていくかもしれない。

【日本S】鷹、高橋礼が7回1安打無失点 7回途中までノーノーも「絶対に無理だと思ってた」
巨人との日本シリーズ第2戦。5回までパーフェクト、6回までノーヒットノーランの快投を見せ、シーズン序盤の流れを作り出した。

【プレミア12】高橋礼に大絶賛の嵐 稲葉監督「改めて素晴らしい投手だと」敵将「見たことない」
先発の高橋礼は6回途中まで完全投球。四球で初出塁、初安打も許して快挙は逃したものの、6回1安打無失点の快投でその名を世界にアピールした。