オリ高卒4年目が先頭打者弾 弾丸ライナーで右翼席へ

2018-03-03 15:06 「Full-Count」編集部
オリックス・宗佑磨選手

オリックス・宗佑磨選手

「1番・中堅」で先発出場、右翼席へOP戦1号

オリックスの宗佑磨内野手が3日、横浜DeNAとのオープン戦に「1番・中堅」で先発出場。第1打席で右翼席へオープン戦、チーム1号となる先頭打者本塁打を放った。

1ボールからの2球目。厳しい内角直球を豪快に振り抜いた打球は一直線で右翼席に飛び込んだ。高卒4年目の宗選手は内野手登録だが、キャンプ中盤から外野の練習にも取り組んでいた。

オリックスはロメロ選手、マレーロ選手、中島選手、小谷野選手、吉田正選手ら中軸は揃っているが、その前後の打者を固定できずにいた。俊足、巧打、そして長打もある宗選手が課題だった「1番打者」に猛アピールを見せた。