本拠地で驚異の打撃成績。好調・荻野貴司選手のバットはまたもや火を噴くか

2019-05-19 09:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

千葉ロッテ・荻野貴司選手

 5月19日、ZOZOマリンスタジアムで行われる千葉ロッテと楽天のカード最終戦。18日の試合では、終盤に逆転した楽天が勝利した。勢いそのままに、楽天がカード勝ち越しを決めるか。一方、千葉ロッテは後味の悪い敗戦となっただけに、ここから再びチームを勢いづける勝利が欲しいところだ。

【今季対戦成績】
千葉ロッテ→5勝3敗、楽天→3勝5敗

【千葉ロッテ】石川歩投手 6試合1勝2敗 34.2回 18奪三振、防御率4.93
【楽天】福井優也投手 6試合3勝1敗 27回 16奪三振、防御率5.00

 千葉ロッテの先発は石川歩投手だ。12日の福岡ソフトバンク戦では2本の本塁打を浴びて6回4失点ながらも、味方が逆転に成功して今季初勝利を手にしている。19日の試合では、被弾を減らしつつ、チームを勢いづける投球を披露したい。

 対する楽天の先発は福井優也投手だ。12日のオリックス戦では、4回4失点でマウンドを降り、勝ち負けはつかなかった。千葉ロッテとは今季初対戦となる。ここまで、右打者に対して.310とやや打ち込まれているだけに、中軸に強力な右打者をそろえる千葉ロッテをどう相手取るか、注目だ。

 千葉ロッテ打線では荻野貴司選手に注目したい。18日の試合では、先制となる先頭打者本塁打を含む長打3本の固め打ち。本拠地・ZOZOマリンスタジアムでは打率.380と抜群の好相性を誇っているだけに、19日も先頭打者としてチャンスメークしていきたい。

 対する楽天打線ではウィーラー選手に注目だ。18日は6回表に追撃の9号ソロを放ち、のちの逆転劇を呼び込んだ。18日はチームメイトの浅村栄斗選手、島内宏明選手の2者連続弾があっただけに、ここまで2試合連続マルチ安打と調子を上げている男にも、2試合連続となるアーチを期待したい。
文・吉田貴