K-鈴木投手が待望のプロ初勝利。最少点差を守ったオリックスが辛勝

2019-05-18 17:16 「パ・リーグ インサイト」編集部
オリックス・K-鈴木投手

オリックス・K-鈴木投手

 5月18日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと埼玉西武の第8回戦は、2対1でオリックスが勝利。「KANSAI CLASSIC」第2戦、「大阪近鉄バファローズ」のユニフォームを身にまとい、見事に接戦をものにした。

 先手を取ったのは埼玉西武だった。1回表、オリックスの先発・K-鈴木投手に対し、1死から2番・外崎修汰選手が四球で出塁すると、2死から4番・山川穂高選手も四球を選んでチャンスを拡大。ここで打席に向かったのは、試合開始時点で得点圏打率.385を誇る5番・森友哉選手。右翼手の前に落ちる安打は、埼玉西武に先制点をもたらす適時打となった。

 3回まで埼玉西武・今井達也投手の前に無得点だったオリックスも、中盤に入ったところで反撃。4回裏、先頭の4番・吉田正尚選手が二塁打を放つと、続く5番・ロメロ選手の死球でチャンスを拡大する。1死から9番・山足達也選手の内野ゴロで2死2,3塁としたところで、8番・高城俊人選手の放った打球は高いバウンドの内野ゴロ。これが相手の送球ミスを誘い、走者2人が生還。2点を奪ったオリックスが逆転に成功した。
 
 K-鈴木投手は、先制点こそ許したものの、2回以降はストレートと高速シュート、そこに切れ味抜群のスライダーを織り交ぜる投球で、埼玉西武打線に反撃のチャンスを与えない好投を披露。6回表、2死2塁から8番・山野辺翔選手に死球を与えたところでマウンドを2番手・小林慶祐投手に託しマウンドを降りた。

 6回表を無得点で切り抜けたオリックスは、以降も継投策を展開。7回表を3番手・近藤大亮投手が得点圏に走者を背負いながらも無失点で抑えると、8回表は4番手・澤田圭佑投手が3者凡退。9回表は守護神・増井浩俊投手。が締めて試合終了。オリックスが2対1で勝利した。

 勝利したオリックスはK-鈴木投手が6回途中1失点の好投。味方の援護がなかなか生まれない中で、最少失点で試合を作り、念願のプロ初勝利を手にした。一方、敗れた埼玉西武は先制点こそ奪ったものの、初回以降は打線がつながらず。7回、118球、2失点の力投を見せた今井投手を援護できなかった。    
文・吉田貴