来日初先発の助っ人VSドラ1・プロ初先発。カード最終戦は初物対決

2019-05-19 09:31 「パ・リーグ インサイト」編集部
オリックス・吉田正尚選手

オリックス・吉田正尚選手

 5月19日、京セラドーム大阪で行われるオリックスと埼玉西武のカード最終戦。18日の試合では、オリックスが1点のリードを最後まで守り抜いて勝利した。1勝1敗で迎えたカード最終戦、勝ち越すのはどちらか。それぞれの注目選手を紹介していく

【今季対戦成績】
オリックス→3勝5敗、埼玉西武→5勝3敗

【オリックス】エップラー投手 3試合0勝1敗 6回 3奪三振、防御率1.50
【埼玉西武】松本航投手 今季初登板

 オリックスの先発はエップラー投手だ。12日の楽天戦では、先発が早いイニングで降板した後を引き継ぐ形でマウンドに上がると、敗戦投手とはなったものの、4回1失点と好投している。来日初先発となる19日のマウンドでは、どのような投球を見せてくれるだろうか。

 対する埼玉西武は、ドラフト1位ルーキー・松本航投手がプロ初登板。11日のファーム・巨人戦では5回8失点と大きく崩れたものの、4日のファーム・横浜DeNA戦では7回無失点の快投を披露している。好調時の感覚を取り戻し、プロ初先発の晴れ舞台を勝利で飾りたい。

 オリックス打線では主砲・吉田正尚選手に注目したい。18日の試合では、4打数3安打の活躍で、チームの勝利に貢献。今季、対埼玉西武では打率.407と驚異的な相性の良さを誇っているだけに、19日も豪快なアーチに期待したい。

 一方、埼玉西武打線では栗山巧選手に注目したい。18日はチーム唯一の長打となる二塁打を放った。ルーキー・松本航投手のプロ初先発を、ベテランのバットで後押しできるか、注目だ。
文・吉田貴