【ファーム】E熊原健人とL國場翼が好投。わずか1点の投手戦を楽天が制する

2019-05-18 16:11 「パ・リーグ インサイト」編集部
6回無失点の好投を見せた楽天・熊原健人投手

6回無失点の好投を見せた楽天・熊原健人投手

 5月18日、楽天イーグルス利府球場にて行われた楽天対埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦第7回戦は、1対0で楽天が勝利。両先発の好投が光った試合となった。

 試合は投手戦となった。楽天の先発・熊原健人投手は立ち上がり、ランナーを許しながらも女房役・石原彪選手が2度の盗塁阻止でサポート。徐々に調子を上げ、4回からは3イニング連続で三者凡退に抑えるなど、6回2安打1四球無失点の好投。対する埼玉西武の先発・國場翼投手も好投を見せる。毎回三振を奪うなど、5回1安打2四球無失点とした。

 スコアボードに0を並べ続けて試合は7回裏を迎える。楽天は埼玉西武の2番手・齊藤大将投手から、先頭の5番・内田靖人選手が四球で出塁。2死2塁の場面で代打・西巻賢二選手がセンター前へヒットを放つと、センターがこれを後ろに逸らす間に2塁走者が生還。楽天が1点を挙げ均衡を破った。

 楽天は7回から継投に入り、菅原秀投手が2イニングを3塁に走者を許しながらも0に抑えてつなぎ、9回表のマウンドには小野郁投手が上がる。先頭の埼玉西武・佐藤龍世選手にヒットを浴びるが、後続を断ち試合終了。

 楽天が緊張感のある投手戦を制して連勝を5に伸ばした。埼玉西武は終盤にチャンスを作るもあと一本が出ず、2試合連続で完封負けを喫した。


  123456789 計
L 000000000 0
E 00000010X 1

L國場翼-●齊藤大将-田村
E熊原健人-○菅原秀-S小野郁

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

文・丹羽海凪