降雨で1時間近い中断も……千賀滉大が7回1失点の好投で熊本に勝利を届ける

2019-05-18 17:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

雨が降る中、試合再開を待つ福岡ソフトバンク・千賀滉大投手

 5月18日、リブワーク藤崎台球場(熊本)にて行われた福岡ソフトバンク対北海道日本ハムの第7回戦は、2対1で福岡ソフトバンクが勝利。雨による1時間近い中断もありながら、中断後に逆転。熊本のファンに勝利を届けた。

 北海道日本ハムが先制した。4回表、この回先頭の3番・近藤健介選手がレフト線を破りツーベースで出塁。1死2塁とした場面で5番・王柏融選手のセンター前タイムリーが飛び出し、現在好調の福岡ソフトバンクの先発・千賀滉大投手から1点の先制に成功する。

 4回が終わったところで雨が強くなり、グラウンド整備で1時間近く中断。5回表を千賀投手が0に抑えた直後の5回裏、福岡ソフトバンクは北海道日本ハムの先発・上沢直之投手から1死2塁のチャンスを作る。ここで3番・今宮健太選手がレフト前ヒットを放つと、悪送球の間に2塁走者が同点のホームイン。続く1死3塁で4番・デスパイネ選手が犠牲フライで1点を勝ち越した。

 その後は2対1で福岡ソフトバンクがリードしたまま、8回をモイネロ投手が、9回を森唯斗投手が無失点で試合を締めた。福岡ソフトバンクは先発の千賀投手が雨にも負けず7回1失点。北海道日本ハムの上沢投手も7回を投げ抜く好投を見せたが、野手の失策が響く形となった。

文・丹羽海凪