北海道日本ハム斎藤佑樹投手がまさかの炎上 2回5安打5失点

2018-03-03 17:49 「Full-Count」編集部
北海道日本ハム・斎藤佑樹投手

北海道日本ハム・斎藤佑樹投手

千葉ロッテのルーキー・藤岡投手に2打席連続タイムリーを浴びる

北海道日本ハムの斎藤佑樹投手が3日の千葉ロッテ戦(札幌ドーム)で1点リードの4回から2番手として登板。2イニングスを投げ、被安打5、与四死球2、失点5だった。

斎藤佑投手は先頭の荻野貴選手にいきなり四球を与えると、直後に二盗を許し無死2塁のピンチを招く。ここでルーキー・藤岡選手に右前適時打を浴び同点に追いつかれる。さらに、続く中村選手に死球を与えるなど1死1,2塁から井上選手に右前適時打、さらに続く鈴木選手には右翼線へ適時二塁打を浴び、この回一挙3点を失った。

その裏に味方打線が4点を奪い逆転に成功して迎えた2イニングス目。5回1死から荻野貴選手に右前打で出塁を許すと、続くルーキー・藤岡選手に右翼線へタイムリー三塁打を浴び1点差に。さらに中村選手には中犠飛を浴び同点に追いつかれた。

この日まで斎藤佑投手は実戦3試合、6イニングで無安打無失点の好投を続けていたが、本拠地・札幌ドームのマウンドで5失点と千葉ロッテ打線を止めることはできなかった。