鷹オープン戦は白星発進 バンデンハーク投手好投、高田選手と川島選手が2打点

2018-03-03 17:55 「Full-Count」編集部
福岡ソフトバンク・工藤公康監督

福岡ソフトバンク・工藤公康監督

サファテ投手がまさかの被弾も工藤監督「彼には全幅の信頼を置いている」

3日、福岡ソフトバンクはヤフオクドームに阪神を迎え、今季のオープン戦初戦を戦った。試合は先発バンデンハーク投手の好投などもあり4対1で福岡ソフトバンクが勝利。地元での初戦を白星で飾った。試合後にはファンへの挨拶を行い、選手と一緒にサインボールを投げ込んで「シーズンスタートデー」と銘打ったオープン戦初戦を締めくくった。

福岡ソフトバンクの先発はバンデンハーク投手。初回の2死3塁のピンチでロザリオ選手を投ゴロに打ち取ると、続く2回から4者連続三振。3回2/3、55球を投げて無失点、8個の三振を奪う好投を見せた。工藤公康監督も「横で見ているより打者は速く感じたんじゃないかな。変化球が前半入らなかったけど、そこができれば問題ない。いい調整ができている」と評価した。

9回にはサファテ投手が志願の登板を果たすも、代打・緒方凌介選手にバックスクリーンに運ばれて1失点。それでも春季キャンプの参加を免除し、アメリカでの調整を許した指揮官の信頼は厚い。

「(アメリカでの)ピッチングの映像を見せてもらったし、しっかりトレーニングしてきたと聞いている。問題はない。彼には全幅の信頼を置いている。9回を任せることに変わりはない」

打撃では、レギュラー以外の空席を争う高田知季選手、川島慶三選手が揃って2打点。先発マスクの谷川原健太選手も二塁打を放つなど、懸命のアピールが続いた。

「アピールしていってもらうのが一番。自分が開幕戦に出るんだという思いで過ごしていってほしい。アピールするのは試合だけじゃない。練習とかもボクたちがしっかりと見て評価したい」と工藤監督。

また、谷川原選手と堀内汰門選手という若い捕手には「多少ミスしても思い切ってやった行くことが大事」とこれからのさらなるアピールを促した。