【ファーム】楽天vs埼玉西武は延長ドロー。投手陣の粘投報われず……

2019-05-19 17:35 「パ・リーグ インサイト」編集部
楽天・藤平尚真投手

楽天・藤平尚真投手

 5月19日、楽天イーグルス利府球場で行われた楽天対埼玉西武の第9回戦は、3対3の引き分けで試合終了。試合終盤で両チームの投手陣が粘りを見せた。

 試合が動いたのは2回表の埼玉西武の攻撃。楽天の先発・藤平尚真投手が突如制球を乱し、2つの四球を与えて迎えた無死1,2塁の場面。9番・鈴木将平選手のタイムリーで1点を先制する。さらに3回表、1番・水口大地選手がヒットを放つと、守備がもたついている間に俊足を生かして2塁へ。その後3塁まで進むと、3番・斉藤彰吾選手のゴロの間に本塁に生還しスコアを2対0とする。

 早めに追いつきたい楽天は、埼玉西武の先発・伊藤翔投手を前に3回までランナーを1人も出すことができない。しかし4回裏、先頭の吉持亮汰選手が四球で出塁し、パスボールとゴロの間に3塁まで進むと、3番・山崎剛選手の犠飛で1点を返す。さらに5回裏、6番・中村和希選手の二塁打などで1死3塁の好機を得るも、あと一本が出ずにこの回は無得点に終わる。

 リードする埼玉西武は先発・伊藤投手が5回1失点でマウンドを降り、継投に入る。6回裏は粟津凱士投手が登板するも、2人を打ち取ってから2番・島井選手に内野安打を許したところで小石博孝投手にスイッチし、ここは無失点に抑える。しかし7回裏、小石投手が6番・中村選手に二塁打を許すと、8番・太田光選手には適時三塁打を許し、試合は振り出しに戻った。

 直後の8回表、先頭の水口選手がこの回からマウンドに上がった楽天・福山博之投手から三塁打を放つと、2番・金子一輝選手がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。

 再びリードする展開となった埼玉西武は、8回裏のマウンドに廖任磊投手を送る。しかし1番・村林一輝選手にヒットを許すと、ワイルドピッチなども絡み1死3塁のピンチを招く。そしてここで4番・卓丸選手のゴロを水口選手が悪送球。土壇場でまたも3対3の同点となり、試合は延長戦へ突入した。

 両チームの投手ともに一歩も譲らず、スコアに動きの無いまま迎えた最終11回裏、楽天の攻撃。先頭の卓丸選手が埼玉西武・野田昇吾投手から左中間を破るヒットを放つと一気に3塁へ進み、無死3塁の好機を得る。その後四球などで満塁とするも、後に続くことができずに引き分けで試合終了。

 楽天対埼玉西武の第9回戦は、3対3の引き分けに終わった。埼玉西武は今カード得点を挙げるも、5回1失点と好投した先発・伊藤投手に白星をつけることはできず。一方の楽天も、試合終盤になんとか追いついたものの、勝ち越し点を挙げることができず、連勝は6でストップした。


  12345678910 11 計
西 0110000100 0 3
楽 0001001100 0 3

西 伊藤翔-粟津凱士-小石博孝-廖任磊-中塚駿太-田村伊知郎-野田昇吾
楽 藤平尚真-戸村健次-福山博之-久保裕也-寺岡寛治-小野郁

文・後藤万結子

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/