【MLB】大谷翔平、右手に投球直撃で苦悶の表情 2戦連続無安打、場内騒然の中ベンチ下がる

2019-05-21 14:38 「Full-Count」編集部
第4打席で右手にボールが直撃したエンゼルス・大谷翔平※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

第4打席で右手にボールが直撃したエンゼルス・大谷翔平※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

第4打席でスイングした際にボールが右指付近を直撃、苦悶の表情でベンチ下がる

■ツインズ 3-1 エンゼルス(日本時間21日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が20日(日本時間21日)、本拠地ツインズ戦で「3番・指名打者」で7試合連続でスタメン出場。3打数無安打、3三振に終わり2試合連続ノーヒットとなった。第4打席でスイングした際に右指付近にボールが直撃し場内が騒然となった。チームは1-3で敗れた。

 ホームランを期待したファンの歓声は悲鳴に変わった。大谷は2点を追う8回。先頭で第4打席を迎えると左腕ロジャースと対戦。2ストライクから内角直球がすっぽ抜け、大谷は避けるようにスイングしたが右指付近にボールが直撃。苦悶の表情を浮かべしばらく動くことができなかった。

 さらに続く続くシモンズは一ゴロで全力疾走。一塁を駆け抜けようとした際に一塁ベースを踏み外して、左足首を激しく捻り起き上がることができず。9回の守備から退くことになった。

 大谷は第1打席で四球を選び8試合連続出塁をマークしたが、第2打席目から3打席連続三振を喫した。

 エンゼルスはアクシデントが続き1-3で敗れた。大谷はここまで12試合に出場し打率.250、2本塁打、8打点。右手の状態次第では次戦の出場を回避する可能性も出てきた。

(Full-Count編集部)