激しさ増す中継ぎ左腕争い ホークス飯田投手が1回3Kの猛アピール「腕が振れた」

2018-03-03 21:23 「Full-Count」藤浦一都
福岡ソフトバンク・飯田優也投手

福岡ソフトバンク・飯田優也投手

納得の15球に「キャンプでやってきたことが出せた」、嘉弥真投手&長谷川宙投手も好投

3日、阪神とのオープン戦で4番手として登板した福岡ソフトバンクの飯田優也投手が、3者連続三振を奪って1回無失点の好アピール。「キャンプでやってきたことが出せた」と満足気に語った。

ヤフオクドームに「六甲おろし」が鳴り響いた直後の7回表、飯田投手が4番手としてマウンドに上がった。対する打者は北條史也選手、糸原健斗選手、中谷将大選手といった期待の若虎たちだ。

飯田投手は北條選手を6球で見逃し三振に打ち取ると、糸原選手はストレートで空振り三振、中谷選手はチェンジアップで泳がせて空振り三振に仕留めた。球速のMAXは142キロだったが「スピードはこれからおいおい(上げていく)。それよりも指にかかっているかが一番大事」と飯田投手。「投げ急ぐこともなかったし、腕も振れて自分のフォームで投げることができた。やっと練習していることが出せた」と納得の表情を浮かべた。

8回には嘉弥真新也投手が登板し、こちらも打者3人を簡単に料理。飯田投手の前には育成左腕・長谷川宙輝投手が併殺打を奪うなどアピール。この日は登板がなかったモイネロ投手や笠谷俊介投手などを含め、中継ぎ左腕争いはオープン戦でさらに激しさを増す。その中でのパーフェクトアピールは、飯田投手にとって大きな自信となったはずだ。