代打・角中勝也選手が決めた! 千葉ロッテが10安打8得点で逆転勝利

2019-05-21 22:04 「パ・リーグ インサイト」編集部

【9回表】采配ズバリ!! マリーンズ・角中 勝ち越しのファースト強襲タイムリー!! 2019/5/21 B-M

 5月21日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと千葉ロッテの第8回戦は、9回に勝ち越した千葉ロッテが、8対4で逆転勝利。スタメンを外れていた角中勝也選手が代打で決勝の適時内野安打を放ち、カード頭をものにした。

 まずオリックスは初回、千葉ロッテの先発・涌井秀章投手の立ち上がりを攻めた。1回裏、千葉ロッテ戦の打率が5割を超える大城滉二選手が安打で出塁すると、5番・ロメロ選手の左前打で生還し、先制に成功した。

 さらに3回裏には、オリックスの4番が魅せる。吉田正尚選手が涌井投手の甘く入った直球をフルスイング。快音を響かせた打球はバックスクリーン5階席フェンスに直撃する特大弾となり、2対0とリードを広げた。

 反撃したい千葉ロッテは、5回表の攻撃。ここまで無失点に抑えられているオリックスの先発・松葉貴大から犠飛で1点を返す。その後1,2塁から清田育宏選手が高めの直球を捉え、レフトスタンドへ飛び込む3ラン。4対2と逆転に成功した。

 しかし、逆転されたオリックスが試合を振り出しに戻す。6回裏、マレーロ選手の犠飛で1点差に詰め寄り、さらに続く代打・伏見寅威選手の適時打で4対4の同点に追い付いた。

 その後は両チーム譲らず、シーソーゲームが続く中、同点で迎えた9回表。千葉ロッテが勝ち越しに成功する。岡大海選手が二塁打を放ち、犠打で進塁すると、打撃不振でスタメンを外れていた代打・角中勝也選手がオリックスの守護神・増井浩俊投手の直球を打ち返し、一塁強襲の適時内野安打。土壇場で5対4とリードを握った。さらに、敵失などでこの回3点を追加し、ここにきてオリックスを突き放した。

 4点リードの9回裏は、益田直也投手が危なげなく締め、試合は8対4で千葉ロッテが勝利。先発の涌井投手は6回4失点も、中継ぎ陣が無失点でつなぎ、打線も8安打10得点と効率よく得点した。オリックスは一時同点に追い付くも、7回以降は無安打。1点を勝ち越された直後に失策で失点するなど、踏ん張れなかった。

文・沼田悟