ともに相手チームとの対戦防御率1点台。榊原翼と岩下大輝の投げ合いに注目

2019-05-22 09:35 「パ・リーグ インサイト」編集部

 5月22日、京セラドーム大阪でオリックスと千葉ロッテの9回戦が行われる。21日の試合では同点で迎えた最終回に4点を奪った千葉ロッテが逆転勝利し、対戦成績を五分にした。両チーム相性が良い投手が先発なだけに、接戦が予想される試合の見どころを紹介していく。

【今季対戦成績】
オリックス→4勝4敗、千葉ロッテ→4勝4敗

【オリックス】榊原翼投手 7試合2勝3敗 45.2回 34奪三振、防御率2.17
【千葉ロッテ】岩下大輝投手 6試合1勝1敗 33回 33奪三振、防御率3.00

 オリックスの先発予定は、榊原翼投手投手だ。前回登板の15日・千葉ロッテ戦では、7回2失点で2勝目を挙げており、対千葉ロッテ成績は、2試合で防御率1.93と好相性。さらに6試合連続クオリティ・スタートを達成している安定感で、3勝目を目指したい。

 千葉ロッテは岩下大輝投手が先発予定。今季オリックス戦では2試合に先発し、13回を投げ被安打6、2失点、防御率1.38と好投を見せるも勝ち星は付いていない。3度目の対戦でオリックス戦初勝利となるか。

 打線ではオリックス・マレーロ選手と、千葉ロッテ・鈴木大地選手に注目したい。マレーロ選手は開幕から打撃不振で一度は二軍落ちするも、5月途中に一軍復帰。千葉ロッテ戦では3試合で5安打を放っている。復調の兆しを見せている助っ人の一発に期待したい。鈴木選手はオリックス戦8試合に出場し、サヨナラ打を含む8安打7打点と勝負強さを見せている。勝負強い打撃とガッツあふれるプレーで、チームを連勝に導けるか。

文・沼田悟