鷹・工藤監督「考えてから」 6四球4失点でKOの東浜の次回登板を明言せず

2019-05-22 07:10 「Full-Count」福谷佑介
福岡ソフトバンク・工藤公康監督※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

福岡ソフトバンク・工藤公康監督※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

終盤に猛反撃も及ばず「打線はいい粘りを見せてくれた」

■埼玉西武 7-6 福岡ソフトバンク(21日・那覇)

 福岡ソフトバンクは接戦に競り負け、連勝は3で止まった。21日、沖縄セルラースタジアム那覇での埼玉西武戦。凱旋先発となった東浜が5回途中4安打6四球4失点でKOされると、リリーフ陣も失点。猛反撃を見せたものの、及ばずに惜敗した。

 先発の東浜は序盤から制球面が不安定で苦しい投球となった。2回に栗山に2ランを浴びて先制を許すと、5回には外崎の適時打を許し、森には押し出しの四球。5回途中で6四球を与えて4失点でノックアウトされた。工藤公康監督は「いいボールと悪いボールがハッキリしていた」と右腕の投球を評し「次は考えてから」と、次回登板を明言しなかった。

 7回にはこちらも凱旋登板だった嘉弥真がピンチを招くと、松田遼が山川に3ランを浴びた。打線は終盤に猛反撃。9回に1点差に迫り、2死満塁と一打逆転のところまで追い詰めたが、最後は代打の内川が空振り三振に倒れてゲームセット。それでも、あと1歩のところまで埼玉西武を追い上げた打線を指揮官は「いい粘りを見せてくれた。最後まで諦めず、何とかするんだというのを見せてくれた」と評価。「次、次!」と翌日の2戦目に視線を向けて、切り替えていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)