【ファーム】代打山口航輝がサヨナラ打! 千葉ロッテが埼玉西武に劇的勝利!

2019-05-22 16:13 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】マリーンズのルーキー山口が代打でサヨナラ打‼ 2019/5/22 M-L(ファーム)

 5月22日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦、第6回戦は、3対2で千葉ロッテが勝利、埼玉西武との戦績を5勝1敗とした。

 これまでイ・リーグトップの6勝を挙げている千葉ロッテ先発の土肥星也投手は、初回を3者凡退に抑えると、丁寧にコーナーを突く投球で凡打の山を築き、5回まで無失点の好投を披露。対する埼玉西武先発のニール投手は、齊藤誠人選手が盗塁を2度阻止するなど、女房役にも助けもあり序盤3回まで無失点投球を見せたが、4回に先制を許した。

 4回裏、千葉ロッテの1番・藤原恭大選手が背中に死球を受けて出塁すると、1死から3番・香月一也選手がニール投手の初球を捉え、5号2ラン。期待の長距離砲が均衡を破る一発を放ち、千葉ロッテが2点のリードを挙げた。

 追う埼玉西武は5回から継投へ。2番手・郭俊麟投手が無失点で抑えると、この継投が反撃の狼煙となった。6回表、9番・齊藤誠選手、続く綱島龍生選手が連打で1死1,2塁とし、3番・佐藤龍世選手がタイムリーを放って1点を返上。

 続く7回表には、先頭の斉藤彰吾選手が二塁打、続く西川愛也選手の犠打で3塁へ進み、内野ゴロの間に生還。千葉ロッテの2番手・関谷亮太投手から堅実な攻撃で1点を奪い、2対2と試合を振り出しに戻した。

 追い付かれた千葉ロッテは8回表を成田翔投手、9回表を大谷智久投手の無失点リレーでつなぐと、打線がリリーフ陣の好投に応えた。9回裏、5番・細谷圭選手が四球で出塁し、7番・李杜軒選手の安打で2死ながら1,3塁の絶好機を得ると、8番・大木貴将選手に代わり、ドラ4ルーキー・山口航輝選手が打席へ。2球目の変化球を打ち返すと、打球は詰まりながらも一二塁間を抜けるサヨナラ打となり試合終了。

 勝利した千葉ロッテは先発した土肥投手が6回1失点と安定した投球を披露。2番手の関谷投手が同点とされたが、以降は追加点を許さない好リリーフでつなぎ、最終回のサヨナラ劇を演出した。

 敗れた埼玉西武は、2番手・郭俊麟投手が4回被安打3、2四球と苦しみながらも、要所を締める投球で千葉ロッテに追加点を与えなかったが、9回に3番手・野田昇吾投手がつかまり、痛恨のサヨナラ負けを喫した。


  123456789 計
西 000001100 2
ロ 000200001x 3

西 ニール-郭俊麟-●野田昇吾
ロ 土肥星也-関谷亮太-成田翔-○大谷智久

文・東海林諒平

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/