小田裕也が値千金のサヨナラ打! オリックスが鴎守護神打ちで劇的勝利を飾る

2019-05-22 21:50 「パ・リーグ インサイト」編集部

5/22 バファローズ対マリーンズ ダイジェスト

 5月22日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと千葉ロッテの第9回戦は、最終回に打線がつながったオリックスが5対4でサヨナラ勝利。4回以降無安打に抑えられていた打線は9回に4四死球と2安打で一気に逆転した。千葉ロッテは6回に2本塁打で逆転するも、守護神・益田直也投手が踏ん張れなかった。

 試合は初回から動く。1回裏、オリックスは四球と敵失で1,3塁のチャンスを作ると、吉田正尚選手の犠飛で1点を先制。さらに3回裏、先頭の若月健矢選手が内野安打で出塁すると、2死3塁から3番に起用された小島脩平選手が適時打を放ち、2対0とオリックスがリード。千葉ロッテの先発・岩下大輝投手は3試合連続の初回失点となった。

 追いかける千葉ロッテは6回表に反撃。21日の試合で逆転3ランを放っている清田育宏選手が、ここまで無失点に抑えられているオリックスの先発・榊原翼投手の直球を捉え、ライトスタンドへ3号ソロ。さらに無死1塁から5番・レアード選手にも17号2ランが飛び出し、3対2と逆転に成功。榊原投手はプロ入り後初被弾となった。

 リードを得た千葉ロッテは6回途中から継投へ。6回裏1死2塁から松永昂大投手、東條大樹投手の小刻みな継投で無失点に。7回裏は西野勇士投手が危なげなく抑えると、8回表、2死満塁から暴投の間に1点を追加。8回裏を酒居知史投手が3者凡退でつなぎ、試合は最終回へ。

 何とか反撃したいオリックスは9回裏、千葉ロッテの守護神・益田直也投手を捉えた。3つの四死球で2死満塁の場面を迎え、代打・後藤駿太選手が5球目の直球をセンターへ弾き返すと、走者2人が生還し土壇場で同点に追いつく。続く福田周平選手が四球を選んで再び満塁とし、小田裕也選手の左前打で決着をつけた。

 勝利したオリックスは4回以降8回まで無安打に抑えられるも、最終回に4四死球を絡め、後藤駿太選手と小田裕也選手の適時打で試合を決めた。千葉ロッテは先発の岩下投手が5回途中2失点(自責点1)、中継ぎ陣が8回まで無安打に抑えるも守護神・益田直也投手が崩れた。

文・沼田悟