北海道日本ハム有原、追いついた直後の被弾を猛省 「一番チームの流れを悪くする」

2019-05-23 08:52 「Full-Count」石川加奈子
北海道日本ハム・有原航平※写真提供:Full-Count(写真:石川加奈子)

北海道日本ハム・有原航平※写真提供:Full-Count(写真:石川加奈子)

リーグトップタイの5勝を挙げる有原は6回9安打5失点で今季2敗目を喫した

■楽天 5-3 北海道日本ハム(22日・札幌ドーム)

 北海道日本ハムの有原航平投手が22日、本拠地楽天戦に先発。6回9安打5失点(自責4)で今季2敗目を喫した。チームは4連敗で借金は「2」に膨らんだ。

 試合前までリーグトップタイの5勝を挙げ、防御率1.47を誇っていた大黒柱でも連敗を止めることはできなかった。2回にブラッシュの右越え2ランで先制されると、4回にはブラッシュの左翼線二塁打と辰己の犠飛で3点目を失った。味方が同点に追いついた直後の5回には、先頭の茂木に勝ち越しソロを許した。

「注意はしていましたが……。ああいう結果が一番チームの流れを悪くする。連敗を止められず、申し訳ないです」と、悔しそうに振り返った。

 ブラッシュの2ランはカウント1-1から外角直球を運ばれ、茂木のソロは3球続けた内角カットボールを完ぺきに捉えられた。それほど甘い球には見えなかったが「打たれているので」と責任を背負い込んだ有原。「そこまでの攻めだったりを考えないといけない」と反省していた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)