「鷹の祭典 2019」7・8埼玉西武戦で吉岡里帆さんが始球式 「真ん中に届くように」

2019-05-23 14:17 「Full-Count」編集部
7月8日に始球式を務めることが決まった吉岡里帆さん※写真提供:Full-Count(写真提供:福岡ソフトバンクホークス)

7月8日に始球式を務めることが決まった吉岡里帆さん※写真提供:Full-Count(写真提供:福岡ソフトバンクホークス)

今年で開催14年目を迎える「鷹の祭典」

 福岡ソフトバンクは「鷹の祭典 2019」の幕開けとなる7月8日の埼玉西武戦(東京ドーム)で女優の吉岡里帆(よしおかりほ)さんが始球式を行うことを発表した。

 吉岡さんは、福岡ソフトバンク株式会社“ワイモバイル”のCMに出演中。「鷹の祭典」とは、今年で開催14年目を迎え、毎年デザインされる限定ユニフォームをホークス選手が着用し試合に臨み、さらに入場者全員へ同じデザインのレプリカユニフォームを配布し、球場が一体となって盛り上がるホークスの一大イベント。今年で東京での開催は8回目となる。

 吉岡さんは球団を通じ「キャッチャーミットの真ん中に届くようにがんばります!」とコメントを発表した。

(Full-Count編集部)