「第5回彼氏にしたい選手権2019」本戦進出の『胸キュン9』が決定

2019-05-23 15:02 「パ・リーグ インサイト」編集部

 北海道日本ハムは、6月4日にスタートする『セ・パ交流戦2019 セ界挑戦!』期間中に実施する「第5回彼氏にしたい選手権2019」の本戦に進出した9選手を発表した。チームに所属する全71選手を対象にWEB投票。1万以上の投票から上位9人が『胸キュン9(ナイン)』として選出された。

 過去4回で3度の優勝を誇る中島卓也選手や、ディフェンディングチャンピオンの西川遥輝選手、昨年3位の大田泰示選手が順当に「胸キュン9」入り。一方で“ニューフェイス”としては、昨年夏の甲子園大会で旋風を巻き起こし、ドラフト1位で入団した吉田輝星選手がルーキーで唯一選出され、台湾のスター・王柏融選手も選ばれた。

 球団担当者は「中島選手が2年ぶりに返り咲くのか、西川選手が連覇するのか。それともこの2強を上回る選手が出てくるのか、興味は尽きません。シーズン一度の人気企画に、女性ファンはぜひ参加してほしいです」と話している。

 本戦は6月15日、16日の巨人戦で行われる。女性来場者全員にオリジナルステッカーを配布し、そこに付いているハート型シールの部分を取り出して選手の等身大パネルに貼ることで“投票”となる。結果は16日の試合中に発表される。

【「胸キュン9」メンバー】(背番号順)
谷口雄也、大田泰示、中田翔、西川遥輝、中島卓也、松本剛、上沢直之、吉田輝星、王柏融