【ファーム】北海道日本ハム・横尾俊建が4番の仕事。中村勝も5回1安打無失点

2019-05-23 16:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ファイターズ・横尾が2試合連続のHRで先制‼ 2019/5/23 F-G(ファーム)

 5月23日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハム対巨人のイースタン・リーグ公式戦第7回戦は、北海道日本ハムが1対0で投手戦を制し、5連勝を飾った。 

 北海道日本ハム先発・中村勝投手はカーブとスライダーを投げ分け、打たせて取る投球。3四球を出しながら三塁は踏ませず、5回1安打1奪三振無失点と好投した。続く村田透投手は6回表を危なげなく3人で終わらせ、3番手・鈴木遼太郎投手は、7回表に1死2,3塁のピンチを背負ったものの、後続を断って先制点を許さない。

 対して巨人は先発・堀岡隼人投手と2番手・坂本工宜投手が、2イニングずつを無失点でつなぎ、5回裏にはマシソン投手がさすがのスピードボールで3者凡退。両打線は相手投手陣を打ち崩せず、試合は静かに進んでいった。

 北海道日本ハムが、結果的に決勝点となる1点を挙げたのは、7回裏。打線は6回までに9つもの三振を献上していたが、巨人の5番手・野上亮磨投手の代わりばなを4番が捉えた。ここまで無安打だった先頭の横尾俊建選手が、真ん中に入ってきた落ちるボールをすくい上げ、左中間フェンスを越える「らしい」当たり。

 その後は7回から登板していた鈴木投手が3イニングを無失点で終わらせ、試合終了。最後まで打線は巨人投手陣を攻略しきれなかったが、4番の2試合連続アーチが先制点かつ唯一の得点となり、1対0で投手戦を制した。

  123456789 計
巨 000000000 0
日 00000010  1

巨 堀岡隼人-坂本工宜-マシソン-鍬原拓也-●野上亮磨-吉川光夫
日 中村勝-村田透-○鈴木遼太郎

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/