連勝中の埼玉西武が北海道日本ハムを迎え撃つ。注目は復調気配の大阪桐蔭勢

2019-05-24 09:31 「パ・リーグ インサイト」編集部

【3回裏】ファイターズ・中田 レフトスタンドへ貴重な勝ち越し2ランホームラン!! 2019/5/23 F-E

 5月24日の18時から、メットライフドームで行われる埼玉西武と北海道日本ハムの10回戦。埼玉西武は那覇で行われた2連戦で首位・福岡ソフトバンクに連勝し、再び貯金を「1」とした。対する北海道日本ハムは楽天とのカード最終戦に大勝。まだまだ首位争いに食らいついている両チームの見どころを挙げていこう。

【今季対戦成績】
埼玉西武→4勝5敗、北海道日本ハム→5勝4敗

【埼玉西武】榎田大樹投手 3試合1勝1敗 20.2回 12奪三振、防御率3.92
【北海道日本ハム】加藤貴之投手 10試合1勝3敗 26.2回 19奪三振、防御率3.71

 埼玉西武の先発は榎田投手。今季初登板だった5月2日の北海道日本ハム戦では、8回1失点の快投で初勝利をマークしているだけに、この試合でも好投を見せ、相手に苦手意識を植え付けたいところ。対する北海道日本ハムの加藤投手は、開幕当初ショートスターターとして登板していたが、ここ3試合で2度、5回を投げ切っている。首脳陣の起用に応じて柔軟なピッチングを見せる左腕は、この試合でも適応力の高さを見せられるか。

 埼玉西武の注目は中村剛也選手だ。5月21日まで3試合無安打が続いていたが、5月22日の試合では2安打1打点の活躍で勝利に貢献した。相手左腕を打ち崩し、好調のサイクルへと入れるか。対する北海道日本ハムは、中田翔選手に注目。5月2日の対戦では、榎田投手からチーム唯一の得点を挙げるソロを放った。埼玉西武戦は今季の対戦カード別最高となる打率.297、3本塁打と得意にしているだけに、この試合でも豪快な一発を放ちたいところだ。