千葉ロッテ・清田育宏が4試合連続弾! 平沢大河1号&東條大樹プロ初白星

2019-05-25 17:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

【9回表】最終回のマウンドにはマリーンズ・西野!! ズバッと3者連続三振で締める!! 2019/5/25 M-H

 5月25日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと福岡ソフトバンクの11回戦は、千葉ロッテが4対3で逃げ切り勝ち。清田育宏選手の4試合連続弾で勝ち越すと、中継ぎ陣が1点を守り切った。

 千葉ロッテは福岡ソフトバンクの先発・高橋礼投手の立ち上がりを攻める。1回裏、先頭・荻野貴司選手が内野安打を放つなどして2死1,2塁とすると、5番・レアード選手の適時打に相手のミスが絡み、先制に成功。2回裏には、8番・平沢大河選手の今季初安打が第1号本塁打となり、2対0とリードを奪う。

 しかし直後の3回表、福岡ソフトバンクが逆襲。1番・釜元豪選手が、千葉ロッテの先発・ボルシンガー投手のストレートを捉えた。「打った感触としてはまずまずでした」と述べる当たりが右中間を越える第2号ソロとなり、1点差に迫る。

 さらに、6回表、1死3塁から7番・福田秀平選手が「何とかボールに食らいついていこうという気持ちでした」という同点適時内野安打。そして続く8番・甲斐拓也選手がライン上にスクイズを成功させ、3対2と試合をひっくり返した。

 逆転を許した千葉ロッテだったが、7回裏、絶好調男がまたも魅せる。先頭の荻野貴選手が粘りを見せて四球を選ぶと、3番・清田育宏選手が4試合連続アーチとなる5号2ラン。4対3と、再度勝ち越しに成功した。

 その後は、千葉ロッテ投手陣が1点リードを守り切り、逃げ切り。9回表は西野勇士投手が3者連続三振で締めた。なお、本日誕生日を迎えた角中勝也選手が1000試合出場を達成し、7回表を無失点に抑えた東條大樹投手が、プロ初白星を手にした。

文・今泉友香