18安打の猛攻で千葉ロッテがオープン戦連勝スタート。

2018-03-04 16:52 「パ・リーグ インサイト」編集部

2018/03/04 F-M ダイジェスト

北海道日本ハム対千葉ロッテのオープン戦2戦目。両先発は北海道日本ハムが新外国人のマルティネス投手、千葉ロッテがドラフト5位ルーキーの渡邉投手と、どちらも期待の新戦力となった。

試合は初回から激しく動く。1回表、千葉ロッテは連打で1死1,3塁とすると、4番に座った井上選手の適時打で1点を先制する。しかしその裏、北海道日本ハムは2死から近藤選手の安打を皮切りに3連打が飛び出し、すぐさま同点に。

早々に追い付かれてしまった千葉ロッテだったが、2回表にも打線が勢いを見せる。2死からの連打で好機を作ると、2番・加藤選手、3番・中村選手が立て続けに適時打を放ち、一気に3点を勝ち越した。

3回裏に4番・中田選手がソロを放ち、北海道日本ハムが2点差に詰め寄ったものの、千葉ロッテは2本の適時打に足技も絡め、4回表からの3イニングスで4点を追加。8対2と千葉ロッテが5点のリードを奪い、試合は終盤へと進んでいった。

6点のビハインドを負った北海道日本ハムだったが、7回表に登板したルーキー・西村投手がテンポよく3者凡退に抑えると、それに応えて打線も反撃を開始する。7回裏、無死1,2塁から1番・西川選手の適時打でまずは1点を返す。3番・近藤選手にも適時打が飛び出し、この回2点を返してスコアを4対8とした。

さらに8回裏、8番・石川亮選手の適時打で1点を追加した北海道日本ハムが3点差に詰め寄り、試合はいよいよ最終回に突入する。

9回は、北海道日本ハム・田中投手、千葉ロッテ・松永投手が登板。それぞれ危なげない投球で無失点に抑えると、3点リードを保った千葉ロッテが8対5で試合を制した。

千葉ロッテが札幌での2連戦に連勝し、オープン戦好スタートを切った。投手陣では2番手・酒居投手が3イニングスを被安打1、無失点に抑える好投を見せ、開幕に向けて順調な調整ぶりをアピール。一方打線では、加藤選手が4打数4安打と活躍した他、中村選手、鈴木選手も3安打以上を記録し、チーム全体でも18安打を放った。

対する北海道日本ハムは、途中出場の石川亮選手が2打数2安打と目立つ活躍を見せ、正捕手争いの中でアピールに成功。また、ルーキー・西村投手や3年目・田中豊投手が好投するなど、若い力がその片鱗を見せ、接戦を落とした中にも収穫の多い内容となった。