北海道日本ハム・新外国人投手に乱調相次ぐ。栗山監督「色々考えなきゃいけない」

2018-03-04 20:00 「Full-Count」石川加奈子
北海道日本ハム・栗山英樹監督

北海道日本ハム・栗山英樹監督

中田選手がOP戦初本塁打、指揮官「やってくれると信じています」

北海道日本ハムは4日、本拠地札幌ドームで行われた千葉ロッテとのオープン戦で、5対8で敗れた。先発した新外国人のマルティネス投手が3回を投げて8安打4失点。2番手で登板した新加入・ロドリゲス投手も3回7安打2四死球で4失点(自責2)だった。

同じく新外国人のトンキン投手は4番手で登板し、1回を2安打1四球無失点。4番・中田翔選手にオープン戦初本塁打が飛び出したが、課題が残る展開に、栗山英樹監督は「全部整理して、しっかりやっていきます」と気持を切り替えた。

以下が主な一問一答。

――今日の試合を振り返って。

「パ・リーグ相手にこういう2試合をしてはいけないんだけど、今のうちにやらなければいけないことと、良かったことも少しだけあるので、全部整理して、しっかりやっていきます」

――中田選手が札幌ドームで久々の本塁打を放った。

「本当にうまく打った。今年しっかり体をつくって、ああいう形になって自信になると思うので良かったと思います」

――キャプテンマークをつける中田選手への期待も大きいのでは。

「それは僕だけではなく、本当に大きな期待をしていますし、結果的にはどういうところにいても、翔のところにチャンスはいく。勝利とイコールに近いものがあるので、期待しているというより、やってくれると信じています」

――投手陣は外国人投手3人が登板した。

「色々考えなきゃいけないことがいっぱいあるので。ただ、球が悪いわけではないので、いろんな経験をしながら前に進んでくれたらいいなと思います。3人ともボールに力はあるし、自分の形で投げられる。日本のバッターがどう対処するのか含めて、今いろんな経験しながら、抑え方を自分でつくってくれると信じている。前に進んでいくように頑張ります」