OP戦1号、北海道日本ハム主将・中田選手に抱く“確信”。栗山監督「やってくれると信じてる」

2018-03-05 14:50 「Full-Count」石川加奈子
北海道日本ハム・中田翔選手

北海道日本ハム・中田翔選手

OP戦1号の中田選手「感触は良かった」

北海道日本ハムの中田翔内野手が4日、本拠地での千葉ロッテ戦でオープン戦1号を放った。

3回、千葉ロッテのルーキー・渡辺投手の低めスライダーを完ぺきにとらえ、左中間スタンドへ叩き込んだ。昨年8月18日埼玉西武戦以来となる札幌ドームでの豪快な一発。今季左胸に「C」マークをつけた主砲は「感触は良かったですね」と納得顔で振り返った。

昨季打率.216と低迷した主砲の再生と、5位に終わったチームの再生を懸けて中田選手をキャプテンに指名した栗山英樹監督は、中田選手の順調な調整ぶりに目を細めた。「本当にうまく打った。今年はしっかり体をつくって、ああいう形になって自信になると思う。期待しているというより、やってくれると信じています」と揺るぎない信頼を口にした。

中田選手は2月23日の楽天との練習試合でも本塁打を放っており、ここまで実戦9試合で17打数7安打5打点。「ここまでいい調整ができている」と自負する通りの好成績を残している。

「しっかりボールを見ることと、しっかり自分のスイングをしていくこと」。現時点で心掛けている自身の調整についてそう語る一方、千葉ロッテに2連敗して早くも闘争心に火がついた。

「シーズンと関係ないとはいえ、勝負で負ければ悔しい。勝てるようにみんな集中している。その中で感覚をつかみながらやっていけたらいい」。開幕まで1カ月を切った。個人としてもチームとしても最高の状態で迎えるつもりだ。