岩下大輝 ~令和を翔ける鴎のエースへ。数多の苦難を乗り越えた本格派右腕~(千葉ロッテマリーンズ)【インサイト的選手名鑑】

2019-06-12 17:03 「パ・リーグ インサイト」成田康史

《THE FEATURE PLAYER》M岩下大輝 勝利ならずも…6回1失点の力投で先発ローテに名乗り(C)パーソル パ・リーグTV

岩下大輝(いわした・だいき)/投手

#46/1996年10月2日生まれ
181cm・80kg/右投右打


 石川・星稜高校から2014年ドラフトで3位指名を受け、千葉ロッテに入団。気迫あふれるフォームから投げ込む150km/h前後の直球と、鋭く落ちるフォークボールを武器に三振を奪う、未来のエース候補だ。

 2014年夏。石川大会の決勝戦。小松大谷高校を相手に、9回裏だけで8点差をひっくり返す大逆転劇を披露した「ミラクル星稜」のエースとして、その名はアマチュア野球界に轟いていた。しかしプロでは、1年目のオフにトミー・ジョン手術、2017年のオフに椎間板ヘルニア手術など、怪我との戦いが続き、3年目まではファームで計17試合の登板に終わっていた。

 一気に自身の立場を確立したのは2018年。9月上旬まで救援として登板を重ね、10月5日、楽天生命パーク宮城で初めて先発すると、6回無失点の快投で待望のプロ初勝利。先発ローテ争いへ名乗りを挙げた。そして翌年、開幕からローテーションの一角を担い、5勝を挙げる。8月に右足を負傷し離脱し、復帰した9月からは救援としてチームを支え、結果的には防御率3.64でシーズンを終えた。2020年はシーズンを通してチームに貢献したいところだ。

(2020/1/31追記)

マリーンズ・岩下大輝 フォーク3連投でピンチ脱出!!(C)パーソル パ・リーグTV

岩下投手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

右肘手術、レジェンドからの金言……21日、一軍切符をつかんだ千葉ロッテ・岩下投手
1年目のオフから右肘にメスを入れる決断をした岩下投手。再スタートとなった2016年シーズン、復帰を目指す右腕の力になったのは、この年限りでの引退を発表していたサブロー氏との対戦だった。

4年目の岩下投手がプロ初先発で初白星。千葉ロッテが1点差ゲームを制す
度重なる手術を乗り越え、プロ初先発の舞台に立った岩下投手。楽天・古川侑利投手との投げ合いは手に汗握る投手戦となったが、結果は岩下投手に軍配が上がり、待望のプロ初勝利を手にした。

岩下大輝が6回無失点で今季初勝利。大竹耕太郎は好投も援護なく黒星
福岡ソフトバンク・大竹耕太郎投手との投げ合いは緊迫した展開になるも、接戦を制した千葉ロッテが勝利。プロ初勝利に続いて投手戦を制し、本拠地での初勝利を飾った。