千葉ロッテ・安田選手、OP戦初ヒットがサヨナラ打。9回2死満塁から左前適時打

2018-03-06 17:00 「Full-Count」編集部

サヨナラヒットを放った千葉ロッテ・安田選手

7回の守備から途中出場、ここまで23打席ノーヒット

千葉ロッテのドラフト1位・安田尚憲内野手が6日、オープン戦初安打を記録した。6日の巨人とのオープン戦(ZOZOマリンスタジアム)7回の守備から途中出場。9回2死満塁で迎えた第2打席で左前へサヨナラタイムリーを放った。

黄金高卒ルーキーが決めた。9回2死満塁から巨人・谷岡投手の2球目を強振。遊撃左に抜ける左前適時打となった。安田選手はここまで23打席ノーヒットと不振が続いていたが、最後の最後でチームを6対5のサヨナラ勝利に導く大仕事をやってのけた。