【ファーム】オリックスが3連敗阻止。稲富宏樹が勝ち越しのツーベース

2019-06-02 16:59 「パ・リーグ インサイト」編集部

得点を得ると【ファーム】バファローズ・稲富 貴重な勝ち越しタイムリーヒット!! 2019/6/2 B-C(ファーム)

 6月2日、オセアンバファローズスタジアム舞洲で行われたオリックスと広島の3連戦・最終戦は、2対1でオリックスが逆転勝利した。

 オリックス先発・本田仁海投手は、初回、先頭打者に安打を浴びるも、後続を抑えて2回無失点。3回から継投したディクソン投手も、被安打1、無失点の投球で得点を許さない。4回表、この回からマウンドに立った吉田一将投手は、広島の4番・下水流昂選手と6番・高橋大樹選手から安打を浴びたが、左翼手・宮崎祐樹選手の好守でこの危機を切り抜けた。

 一方の打線は、広島の先発・ケムナ誠投手の前につながらず。4回裏、3者連続四球で1死満塁の好機を得るも、無得点に終わってしまう。

 ついに試合が動いたのは5回表。吉田一投手の高めのストレートを、広島・林晃汰選手が捉えて第3号ソロに。その後、2死満塁の危機を負ったが、吉田一投手は後続を三振で抑える修正力を見せ、何とか最少失点でしのぐ。

 追いかける展開となったオリックスは、すぐさま反撃。6回裏、6番・根本薫選手が二塁打で出塁すると、敵失策の間に生還し、まずは1点を返す。その後、8番・稲富宏樹選手のタイムリーツーベースで、2対1と勝ち越しに成功。そして、7回以降は青山大紀投手、黒木優太投手、漆原大晟投手がそれぞれ1イニングを無失点に抑える好投で、試合を締めた。

 序盤は打線がつながりを欠き、好機を生かせなかったオリックスだったが、終盤にエラー絡みで同点に追い付くと、1点リードを投手陣が守り切った。

  123456789 計
広 000010000 1
オ 00000200  2

広 ●ケムナ誠-中村祐太-高橋樹也
オ 宮崎祐樹-ディクソン-吉田一将-吉田凌-○青山大紀-黒木優太-S漆原大晟 

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

文・今泉友香