安田選手のサヨナラ打で千葉ロッテがオープン戦3連勝

2018-03-06 17:08 「パ・リーグ インサイト」編集部

2018 3/6 M-G ダイジェスト

オープン戦2連勝と上々の滑り出しになった千葉ロッテ。今日は人工芝の張り替えが完了したばかりの本拠地・ZOZOマリンスタジアムで巨人と対戦する。

千葉ロッテ先発の石川投手は危なげない投球を披露。2回表、陽選手に唯一の安打を許したが、続く岡本選手を併殺打に打ち取った。3回を投げて被安打1、無四死球無失点。開幕に向けて調整は順調なようだ。

4回表から2番手・二木投手が登板。昨季のセ・リーグ本塁打王・ゲレーロ選手にソロアーチを浴びたものの、5回以降は完璧に封じた。4イニングスを投げて被安打1、奪三振4、無四球の1失点と試合を作り、開幕投手へアピール。

打線は1点を追う4回裏、四球の3番・中村選手を一塁に置いて、4番・井上選手が巨人の先発・ヤングマン投手から右中間へ逆転2ランを放つ。

さらに5回裏、2死1,3塁の場面で岡田選手が二盗を決めると、その間に三走・平沢選手がホームスチールに成功。結果的に重盗で1点を追加した。直後、敵失で追加点を挙げ、スコアは5対1となる。大技・小技で千葉ロッテが試合の主導権を握った。

しかし、8回表、3番手としてルーキー左腕の永野投手が登板したが、2者連続アーチを浴び、1死も取れずに降板。ほろ苦い本拠地デビューとなった。その後、無死満塁のピンチで登板した4番手・田中投手が2点適時打を許し、5対5の同点に追い付かれてしまった。

同点のまま迎えた9回表、千葉ロッテは益田投手が3者凡退に抑える。そして9回裏、先頭の平沢選手の安打、3番・中村選手への敬遠などで2死満塁となると、ここで途中出場の安田選手が巨人・谷岡投手の変化球を強振。鋭いゴロが左前へ抜けた。

ドラフト1位ルーキーのオープン戦初安打がサヨナラ打となり、千葉ロッテは6対5で巨人にサヨナラ勝ちをおさめた。

今季本拠地初戦が劇的勝利となった千葉ロッテ。開幕ローテーション入りが期待される石川投手と二木投手がそろって好投し、打線は井上選手の一発に、荻野貴選手、中村選手、平沢選手がマルチ安打の活躍。さらに安田選手がサヨナラ打。いい形でオープン戦3連勝を飾った。