“捕手難”の福岡ソフトバンクにまた怪我人。育成・堀内選手が負傷交代

2018-03-06 20:06 「Full-Count」福谷佑介

埼玉西武とのオープン戦で右手親指に投球を受けて交代

2年連続の日本一を目指す福岡ソフトバンクに、またしても捕手にアクシデントが起きた。6日、ヤフオクドームで行われた埼玉西武とのオープン戦。この日スタメンマスクを被った育成の堀内汰門捕手が、5回途中に負傷交代した。

この回から4番手の加治屋蓮投手がマウンドへ上がった。先頭の森友哉選手に左前安打で出塁を許すと、1死となりアクシデントは起きた。

外崎修太選手へ投じた1ボール2ストライクからの4球目のフォークが暴投に。ワンバウンドしたボールを止めにいった堀内選手だったが、止めきれずにボールは右手の親指にかすめ、背後へと後逸。苦悶の表情を見せた堀内選手はベンチに下がると、甲斐拓也捕手が代わってマスクを被った。

高谷裕亮捕手が右肘手術、栗原陵矢捕手が左肩の脱臼と、キャンプ中に捕手に負傷者が相次いでいた福岡ソフトバンク。堀内選手の怪我の程度などはまだ不明ながら、離脱となるような怪我なら、捕手だけで3人目の故障者となってしまう。