千葉ロッテ・中村選手が2安打3四球と全打席出塁「細かいところを修正した」

2018-03-06 20:34 「Full-Count」細野能功
巨人とのOP戦で2安打3四球の活躍を見せた千葉ロッテ・中村選手

巨人とのOP戦で2安打3四球の活躍を見せた千葉ロッテ・中村選手

得点圏打率は驚異の10割をマーク

開幕「3番・二塁」が濃厚の千葉ロッテ・中村奨吾内野手が、2打数2安打3四球と全打席で出塁しチームをけん引した。

6日の巨人戦(ZOZOマリンスタジアム)の初回に右前打を放つと、5対5で迎えた9回1死2,3塁では敬遠で歩かされ、安田選手のサヨナラ打をお膳立て。全5打席で出塁するなどチームの勝利に貢献した。

この日は2安打をマークし、オープン戦打率を.778(9-7)まで上昇させた。「厳しい球に手を出さず、甘い球を打てている。練習試合からオープン戦に入るところで、細かいところを修正した。(言葉では表現できない)感覚的なもの」と打撃フォームのマイナーチェンジが効果をあげているようだ。

今年の中村選手は勝負強さも秘めている。4日の北海道日本ハム戦まで6度あった得点圏で4安打、2犠飛と得点圏打率は脅威の10割をマーク。今季から大学時代に慣れ親しんだ二塁にコンバートされたが、問題なく軽快に動けている。

本拠地の人工芝が新しくなったが「最初なのでまだわからないが、(毛足が長く)難しい。なじんでいくしかない」と攻守に前向きな姿勢を見せた。