渡邊佳明が全打席出塁、辰己涼介が勝ち越し死球。ルーキーの活躍で楽天が勝利

2019-06-05 22:00 「パ・リーグ インサイト」編集部
勝ち越しの押し出し死球を受けガッツポーズを見せた楽天・辰己涼介選手(C)PLM

勝ち越しの押し出し死球を受けガッツポーズを見せた楽天・辰己涼介選手(C)PLM

 6月5日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天対巨人の「日本生命セ・パ交流戦」第2回戦は、4対2で楽天が勝利。巨人との対戦成績を1勝1敗とした。

 楽天は2回裏、2死からブラッシュ選手、渡邊佳明選手の連打で1点を先取。4回裏には渡邊選手の安打と巨人の守備の乱れからチャンスを作ると、茂木栄五郎選手のタイムリーで1点を追加。巨人先発の田口麗斗投手から2点のリードを得る。

 援護を受けた先発の古川侑利投手は毎回のように走者を背負うものの、要所を締める粘りの投球で巨人打線に本塁を踏ませず。5回まで無失点投球でつなぎ、試合は後半へ。

 6回のマウンドにも上がった古川投手だったが、先頭の坂本勇人選手に20号ソロを浴びたところで降板。後を受けた高梨雄平投手、森原康平投手がこの回を無失点で切り抜け、7回を宋家豪投手が無失点でつなぐが、8回に5番手・ブセニッツ投手がつかまった。

 8回表、阿部慎之助選手、大城卓三選手に連打を許し、岡本和真選手に適時内野安打を浴び同点とされるが、その裏に楽天打線がつながった。1死から銀次選手が二塁打、続くブラッシュ選手、渡邊選手が連続四球で満塁とすると、辰己涼介選手が勝ち越しの押し出し死球を受けガッツポーズ。

 さらに茂木選手の押し出し四球で1点を追加した楽天は9回表、前日の試合で逆転弾を浴びた松井裕樹投手が3者凡退に抑える完璧な投球で締め、4対2で試合終了。

 楽天は先発した古川投手が6回途中1失点の力投。一時同点とされたが、終盤に勝ち越し、接戦を制した。