北海道日本ハム連勝は7でストップ。わずか3安打の完封負けで3位転落

2019-06-05 21:07 「パ・リーグ インサイト」編集部

6/5 ファイターズ対スワローズ ダイジェスト

 6月5日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと東京ヤクルトとの「日本生命セ・パ交流戦」第2戦は、0対5で北海道日本ハムが完敗。連勝は7で止まり、リーグ3位に転落した。

 北海道日本ハム先発は今季3試合を投げて負けなしの杉浦稔大投手だったが、初回に今季初の被弾となる本塁打を東京ヤクルト青木宣親選手に許す。

 北海道日本ハムの攻撃は淡泊だったが、守備では見せ場があった。4回表、1死1,3塁の場面で打球は外野へ。これを、大田泰示選手が素晴らしい送球で本塁に送ると、鶴岡慎也選手が難しいタッチプレーを制し三塁走者を刺殺。守備陣の素晴らしいプレーで追加点を阻止した。
 
 好守備で凌いでいたのもここまで。5回表には、安打と四球で満塁の場面を招いたところで、先発の杉浦投手が降板する。2番手は、玉井大翔投手が上がるも、犠飛と適時打を許しこの回4失点。0対5と大きくリードを広げられてしまう。

 終盤以降も北海道日本ハム打線はチャンスを作れず、最後は東京ヤクルト抑えの梅野雄吾投手の前に3者凡退で試合終了。
 
 敗れた北海道日本ハムは、先発の杉浦投手が5回途中4失点と試合を作れなかった。打線も3安打と東京ヤクルト先発の石川雅規投手の前につながりを欠いた。中継ぎで登板したロドリゲス投手と鍵谷陽平投手は無失点に抑える好投を見せた。

文・小川和弥