【試合戦評】首位相手に同一カード3連勝。鷹狩りで勢いを得たオリックスが「台風の目」となる

2016-08-11 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

オリックス相手に痛恨のカード負け越しを喫し、2位・北海道日本ハムに3ゲーム差と迫られた福岡ソフトバンク。北海道日本ハムを再び突き放していくためにも、連敗を止めて勢いに乗りたいところ。対するオリックスは金子千尋投手で今季初の4連勝を狙いたい一戦となった。

オリックス・金子千尋投手、福岡ソフトバンク・東浜投手の両先発はともに、初回にいきなり得点圏に走者を背負う苦しい立ち上がりとなるが、後続をしっかりと低めへの変化球で封じて無失点で切り抜ける。

先取点を奪ったのは、福岡ソフトバンク。2回表に1死から7番・福田選手の安打や四球などで2死2,3塁と再び好機を生み出す。ここで昨日の試合から1番に座っている柳田選手の「しっかりスイングすることができました」という左越適時二塁打で2点を奪取。3試合ぶりの先制点となった。

味方の援護を守り、良い流れを作っていきたい東浜投手だったが、2回裏に内野ゴロの間に1点を失ってしまう。なおも3塁に走者を置くピンチでは、1番・安達選手を大きく曲がるスライダーで空振り三振に打ち取り最少失点で凌ぐ。

3回以降は、両投手ともにスコアボードにゼロを並べる投球が続き、迎えた6回裏のオリックスの攻撃。1死から7番・西野選手の安打や東浜投手の悪送球などで1死満塁の好機を迎え、1番・安達選手が甘いカットボールをうまく中前にはじき返す逆転の2点適時打。「初球から狙っていました」という積極的な一打で試合をひっくり返すと、続く2番・川端選手も適時打を放ち追加点。この回一挙3得点で逆転に成功する。

再びリードを奪い返したい福岡ソフトバンクは8回表、2死から5番・長谷川選手がオリックスの2番手・海田投手から安打を放ち出塁。続く6番・松田選手を迎えたところで、福良監督が守護神・平野投手にスイッチ。しかし、7番・福田選手が平野投手の初球のフォークを捉える適時打で1点差に詰め寄る。

最終回もイニングまたぎとなった守護神・平野投手がマウンドへ。2三振を奪うなど、危なげなく無失点に抑え、オリックスは今季初の4連勝。首位・福岡ソフトバンクは嫌な流れを止めることができず、今季ワーストの5連敗となった。

オリックスは首位・福岡ソフトバンク相手に非常に価値のある同一カード3連勝。ようやく投打がかみ合い始め、接戦での白星が徐々に増えつつある。鷹を狩ったこの勢いをどこまで伸ばせるか、オリックスが「台風の目」となりパ・リーグをさらに面白くする。