埼玉西武投手陣の救世主? 新外国人・カスティーヨ投手が“鬼門”ヤフオクDで好投

2018-03-07 14:43 「Full-Count」福谷佑介
埼玉西武・カスティーヨ投手

埼玉西武・カスティーヨ投手

6日の福岡ソフトバンク戦で4回2安打1失点と好投「前回より確実によかった」

大きな期待を抱かせる4イニングスだった。埼玉西武の新外国人ファビオ・カスティーヨ投手。6日にヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクとのオープン戦に先発すると、失った点は本多雄一選手に浴びたソロ本塁打での1点のみ。4回被安打2、1失点と好投し、開幕ローテ入りにも前進した。

最速166キロの触れ込みのカスティーヨ投手。力強く、打者の手元で変化するファストボールにスライダー、チェンジアップを織り交ぜたスタイルで1回、2回と3者凡退に切った。3回は先頭のグラシアル選手に中前安打を許したが、吉村裕基選手を遊ゴロ、堀内汰門選手を注文通りの遊ゴロ併殺打に打ち取った。4回に本多選手にソロを浴びたが、その他は危なげなかった。

「前回よりは状態は確実に良かった。真っ直ぐとスライダーはテンポよく投げられた。チェンジアップがもっと上手く使えたら良かったなと思うよ」と振り返り、まずまずの手応えを掴んだ様子だった。

埼玉西武にとってヤフオクドームは鬼門である。昨季の成績は1勝11敗と、ヤフオクドームだけで10個の借金を作った。昨季、唯一の勝利は6月24日の対戦。オープン戦とはいえ、それ以来となる敵地での勝利だった。

野上亮磨投手がFAで巨人に移籍して迎える今季。埼玉西武にとっては12球団屈指の力を持つ打線に対し、投手陣の戦力がやや手薄な感がある。大黒柱の菊池雄星投手がいる先発陣も、2枚目以降はウルフ投手、十亀剣投手、多和田真三郎投手、高橋光成投手、野上投手の人的補償で加入した高木勇人投手、そしてルーキーの齊藤大将投手らが候補に挙がるが、福岡ソフトバンクはもちろん、楽天などと比較しても層の薄さは否定できない。

ローテにカスティーヨ投手がしっかりと入れば、それもいくらか解消できるはず。ドミニカ共和国出身の29歳が、埼玉西武投手陣の救世主となるかもしれない。