高橋光成~栄光の背番号と青いグラブを受け継いだ大器~(埼玉西武ライオンズ)【インサイト的選手名鑑】

2019-06-07 16:45 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

《THE FEATURE PLAYER》L髙橋光成 次回こそ『ねじ伏せる投球』に期待!!(C)パーソル パ・リーグTV

高橋光成(たかはし・こうな)/投手

#13/1997年2月3日生まれ
190cm・97kg/右投右打


 群馬・前橋育英高校から、2014年のドラフト1位で埼玉西武に入団。長身から繰り出される角度のある速球に加え、フォーク、縦・横のスライダーといった球種を持つ本格派だ。十代でエースとしての道を用意されたこの右腕が独り立ちする瞬間を、多くのファンが待ち望んでいる。

 高校時代は甲子園のスターだった。2013年夏、2年生エースとして母校を甲子園初出場・初優勝に導き、全国にその名を轟かせた。そして高卒でプロ入りすると、1年目の2015年の8月2日にプロ初登板、同9日のオリックス戦で初勝利。そこから破竹の5連勝を飾る。同23日の千葉ロッテ戦では完封勝利も記録するなど、18歳の若者とは思えない圧巻のピッチングを見せた。

 デビューから1カ月時点で4勝1敗、防御率2.96という成績で、パ・リーグ高卒新人史上3人目&両リーグ史上最年少(18才6カ月)となる月間MVPに輝く。その後数年はケガに悩まされたが、2018年のシーズン終了後、西口文也投手コーチの現役時代の背番号「13」を受け継いだ。

 2019年は開幕ローテーション入りを果たし、5月には5連勝。初選出となったオールスターではまさかの大炎上を喫したものの、その後の後半戦では飛ぶ鳥を落とす勢いの6連勝を飾り、自身初の2桁勝利を達成した。
  
 キャリアハイの成績を残した昨季ではあったが、9月に靱帯の炎症を起こし離脱。チームにとって大事な時期に登板することが叶わなかった。今季は先発の柱として1年間ローテーションを守り通し、勝ち星を1つずつ積み重ねていきたい。

(2020/1/31追記)

【引退セレモニー】レジェンド魂を引き継ぐ!! ライオンズ・西口の置いたグローブを拾ったのは… 2015/9/28(C)パーソル パ・リーグTV

高橋光成投手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

「もがきながらも、着実に歩みを進める未来のエース」 ~埼玉西武・高橋光成投手インタビュー
高卒2年目のシーズンを目前に控えて、ルーキーイヤーのエピソードや直面した課題を明かしながら目標を語っている。

埼玉西武高橋光が300万円減もエース番号継承 「恥じないようにやっていきたい」
西口コーチ本人からも「ぜひ着けて欲しい」ということで背番号を受け継いだが、その期待の大きさを感じる記事。

埼玉西武高橋光、肉体改造で7キロ増の体重105キロに! 雄星との自主トレも「自信に」
2019年からシアトル・マリナーズに活躍の場を移した菊池雄星投手と自主トレに励んだ。身長ばかり高くひょろりとした印象があった体格も、鍛えられて大人のものになっている様子。