「聖地」で清宮幸太郎と中田翔が魅せた。北海道日本ハムが初戦逃げ切り

2019-06-07 21:45 「パ・リーグ インサイト」編集部
6回2失点で今季7勝目を挙げた北海道日本ハム・有原航平投手(C)PLM

6回2失点で今季7勝目を挙げた北海道日本ハム・有原航平投手(C)PLM

 6月7日、阪神甲子園球場にて行われた阪神対北海道日本ハムの「日本生命セ・パ交流戦」初戦は、北海道日本ハムが3対2で勝利。高校球児たちの聖地で、スターたちが躍動した。

 北海道日本ハムが先制点を手にした。4回表、阪神の先発・西勇輝投手から1死3塁のチャンスを作ると、5番・清宮幸太郎選手がセンターへ犠牲フライを放ち、リードを奪う。清宮選手は「小さいころから来ていた甲子園で、プロで初めてプレーするのは、やっぱり楽しいです。打っても、守っていても楽しいです」と、聖地でのプレーを語った。

 援護をもらった北海道日本ハムの先発・有原航平投手は、ランナーを背負いながらも無失点の好投を続ける。追加点が欲しい打線は、6回表、3番・近藤健介選手が出塁すると、続く4番・中田翔選手が右中間を破るタイムリーツーベースを放ち、1点を加えて2対0とした。

 追加点を重ねた直後の6回裏、内野ゴロとバッテリーミスの間に2点を失い、同点に追いつかれてしまうが、即座に反撃する。7回表、1死2,3塁のチャンスを作ると、2番・大田泰示選手がセンターへ犠牲フライを放ち、勝ち越しに成功した。
 
 1点リードの北海道日本ハムは、7回から継投策を展開。7,8回を宮西尚生投手、石川直也投手がそれぞれ無失点でつなぎ、9回には抑えの秋吉亮投手が登板。阪神打線を寄せ付けないピッチングで試合を締めた。

 阪神対北海道日本ハムの交流戦初戦は、3対2で北海道日本ハムが勝利。大田選手が7回表に勝ち越しの犠牲フライを放ち、その1点をリリーフ陣が守り切った。

文・丹羽海凪