千賀滉大が7回無失点。グラシアルの4試合連続弾などで福岡ソフトバンク4連勝

2019-06-07 21:33 「パ・リーグ インサイト」編集部
5回表に先制タイムリーを放った福岡ソフトバンク・真砂勇介選手(C)PLM

5回表に先制タイムリーを放った福岡ソフトバンク・真砂勇介選手(C)PLM

 6月7日、マツダスタジアムで行われた広島と福岡ソフトバンクの「日本生命セ・パ交流戦」カード初戦は、6対3で福岡ソフトバンクが勝利。エース・千賀滉大投手の快投に打線が応え、交流戦無傷の4連勝を飾った。

 試合は、広島・床田寛樹投手、福岡ソフトバンク・千賀滉大投手による息詰まる投手戦となった。千賀投手は味方のエラーや連打などで毎回のように走者を出しながらも、要所で三振を奪って先制点を許さない。さらに、3回表に打席に立つと、チーム初安打を放って出塁に成功した。

 そんなエースの姿に打線が応えたのは5回表。セ・リーグ防御率3位(7日試合前時点)の床田投手に対し、中村晃選手と甲斐拓也選手が連打でチャンスを作ると、2死から真砂勇介選手が「必死にボールに食らいついていきました。スタメンで使ってもらっているので、どんな形でもアピールしていきたい」と力のこもった先制タイムリーを放つ。

 6回表には、グラシアル選手が4試合連続弾となる13号ソロ、甲斐選手が2点タイムリーを放ち、リードを4点に広げた。8回裏、モイネロ投手が鈴木誠也選手に3ランを浴びて1点差に迫られるも、直後の9回表に、福田秀平選手が2号2ランホームラン。改めて突き放すと、その裏は森唯斗投手が締め、6対3で福岡ソフトバンクが勝利した。

 先発の千賀投手は7回8奪三振、無失点の快投で「今日は調子があまり良くない中で、0点に抑えることができて良かったです。自分の中で投球フォームの感覚が少し良くない中で、いろんな球種を使いながらバッターを打ち取ることができました。もう少し長いイニングを投げれるように、次も頑張ります」とコメントした。なお福岡ソフトバンクは、交流戦無傷の4連勝を飾った。