ホークス工藤監督早出特打で打撃投手 上林選手のバットへし折り「明日一面だ!」

2018-03-07 16:15 「Full-Count」藤浦一都
打撃投手を務めた福岡ソフトバンク・工藤公康監督

打撃投手を務めた福岡ソフトバンク・工藤公康監督

福田は3本の柵越え放つも「めっちゃいい球来てました」

7日、福岡ソフトバンクの工藤公康監督がアーリーワークで打撃投手を務め、約140球を投げた。宮崎キャンプのアーリーワークで打撃投手を務め、2月10日の巨人とのOB戦では現役さながらのピッチングを見せた工藤監督。

その無理がたたってか一時は左足のふくらはぎを痛めていたが、この日はヤフオクドームで今季初登板。城所龍磨選手、上林誠知選手ら9人を相手にリズムよく投げ込んでいた。打ち損じた城所龍磨選手には「お~い、ど真ん中やんけ!」と一喝、甲斐拓也選手には「(バットの)ヘッドが下がってるぞ」と瞬時にアドバイスするなど、左腕だけでなく口も絶好調。

終了直前には上林選手のバットをへし折り、「やった!バヤシのバットへし折った。明日は一面だ!」とガッツポーズも見せた。福田秀平選手には3本の柵越えを許したが「(福田の)好きなところにいってしまった」と苦笑い。

“工藤キラー"となった福田選手は「めっちゃいい球来てましたよ」と、改めて工藤監督のすごさに感服していた。投げ終えた工藤監督はしばらくグラウンドで体をほぐした後、「全力で投げたら(足に)くるけど、これくらいなら全然、大丈夫だよ」と大粒の汗を流しながら監督室に戻っていった。