千葉ロッテ・新外国人オルモス投手が乱調3回8失点。井口監督「もう一回チャンスある」

2018-03-07 18:41 「Full-Count」細野能功
千葉ロッテ・井口監督

千葉ロッテ・井口監督

初回に打者一巡の猛攻を浴び一挙5失点

千葉ロッテの新左腕・オルモス投手が7日の巨人戦(ZOZOマリンスタジアム)に先発。3回5安打8失点と結果を残すことは出来なかった。チームは9安打は放つが、3試合連続の2桁安打とはならず4対10で敗れた。

オルモス投手は立ち上がりから制球に苦しんだ。直球の最速は144キロをマークしたが、マウンドが合わないのか、ストライクが入らず無死満塁のピンチを作ると、マギー選手には左前タイムリーを浴びるなど4安打、2四死球、打者一巡の猛攻で一挙5失点。

2回も苦しい投球が続く。ゲレーロ選手、マギー選手に連続四球を与えるなど無死一、三塁のピンチを招くと、長野選手に中犠飛、続く岡本選手には2試合連続の一発となる2ランを浴び3点を失った。

苦しい投球が続いた左腕に井口監督は「ああいう展開になってしまった。マウンドを含めて、色々探っている部分はあったと思う。もう一回ぐらいチャンスはあると思う。制球力がないと抑えられるピッチャーじゃない。その辺を含めて次回しっかり調整してもらう」と次戦の登板を明言。

抑え候補の内投手、シェッパーズ投手は8、9回は3者凡退に打ち取る好投を見せた。益田投手を含めて指揮官は「来週をメドにしたい」と抑えの絞り込みをする模様で、16日から本拠地で戦う北海道日本ハム、福岡ソフトバンク、巨人との5戦が、開幕へ向けての山場になりそうだ。