千葉ロッテ・平沢選手が2試合連続マルチ。井口監督「守備をピシャリとやってほしい」

2018-03-07 19:09 「Full-Count」細野能功
千葉ロッテ・平沢大河選手

千葉ロッテ・平沢大河選手

「9番・遊撃」で2試合連続スタメン

千葉ロッテ3年目の平沢大河内野手が7日の巨人戦に「9番・遊撃」で2試合連続スタメン出場。4打数2安打でオープン戦打率.400(10-4)とアピールした。

ドラフト2位ルーキーの藤岡裕選手がオープン戦2試合で打率.750と攻守に結果を出し、開幕遊撃スタメンの呼び声が高いが、首筋を痛め欠場中。平沢選手にはチャンスだっただけに、2試合連続のマルチ安打は最高のアピールになったに違いない。

2回2死一塁の第1打席では「身体の軸を意識してコンパクトに振ることだけ」と外角の球にも逆らわず、巨人・吉川光投手の外角高め140キロを左前打。5回の先頭で迎えた第2打席では、一転引っ張りで右前打と広角に打ち分けた。

打撃は好調だが、守備では課題を残した。6回は北村選手の遊ゴロを一塁に悪送球。一瞬、ドミンゲス選手の足が離れ、一塁塁審のジャッジはセーフ。「リクエスト」でアウトにはなったが、7回にも1死一塁で岡本選手の二ゴロで併殺を狙ったが、再び一塁へ悪送球するミスで併殺を取ることは出来なかった。

「藤岡が何試合も出ないので、大河(平沢)にはアピールするいいチャンス。守備をピシャリとやってほしい」と井口監督は守備のミスを惜しんだ。