千葉ロッテ・涌井秀章5回途中6失点、井上晴哉4三振。三木亮の3ランは空砲に

2019-06-11 21:34 「パ・リーグ インサイト」編集部

6/11 マリーンズ対ベイスターズ ダイジェスト

 6月11日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテ対横浜DeNAの「日本生命セ・パ交流戦」初戦は、3対6で千葉ロッテが敗戦。先発の涌井秀章投手は、逆転した直後に決勝打を浴びるなど、5回途中6失点で試合を作れなかった。 

 千葉ロッテ先発・涌井秀章投手は、球数を費やす苦しい立ち上がりとなった。初回、得点圏に走者を背負った際には、横浜DeNAの筒香嘉智選手を見逃し三振に封じ、無失点で切り抜ける。ところが、2回表にはここまで交流戦無安打だった横浜DeNAのソト選手に、3回表には神里和毅選手に一発を浴び、2対0とリードを許す。

 追いかける展開となった千葉ロッテは、4回裏、ここまで1安打と抑え込まれていた横浜DeNA先発の濱口遥大投手を捉えた。2死から安打と四球でチャンスを作ると、三木亮選手が逆転の1号3ラン。3対2と一気に試合をひっくり返した。

 しかし、涌井投手が踏ん張れない。勝ち投手の権利が懸かる5回表に、3者連続ヒットであっさり追い付かれると、続く打者から逆転の犠飛を打たれる。さらに四球で走者をためると、ここから2者連続適時打でさらに2失点。3対6とリードを奪われ、降板した。

 5回裏、千葉ロッテは無死満塁を作ってクリーンナップを迎えたものの、3連続で凡退し、得点を奪えない。この日最大のチャンスを逃し、試合の流れを横浜DeNAに完全に明け渡すことになってしまった。

 3点差で迎えた9回裏は好機こそ作るも、清田育宏選手が横浜DeNAの抑えの山崎康晃投手の前に抑え込まれて、試合終了。

 横浜DeNAとの交流戦初戦、千葉ロッテは3対6で敗戦した。一度は逆転しながらも先発の涌井投手が5回途中6失点と試合を作れず。打線も、4番の井上晴哉選手が4三振、5番のレアード選手が3三振と、主軸が機能しなかった。一方、5回表2死から投げた東條大樹投手、ブランドン投手、西野勇士投手、田中靖洋投手は、無失点リレーを見せた。

文・小川和弥