パ球団で唯一交流戦負け越し中の千葉ロッテ。連敗ストップで踏みとどまれるか

2019-06-12 09:33 「パ・リーグ インサイト」編集部

《THE FEATURE PLAYER》M岩下 勝利ならずも…6回1失点の力投で先発ローテに名乗り

 6月12日18時15分より、ZOZOマリンスタジアムにて千葉ロッテ対横浜DeNAの「日本生命セ・パ交流戦」第2戦が行われる。前日の試合では、逆転直後に再逆転を許す展開で、流れをつかみ切れず敗れた千葉ロッテ。連敗を止めたい一戦の見どころを紹介していく。

【今季対戦成績】
千葉ロッテ→0勝1敗 横浜DeNA→1勝0敗

【千葉ロッテ】岩下大輝投手 9試合2勝1敗 49.1回 45奪三振、防御率2.74
【横浜DeNA】大貫 晋一投手 8試合3勝3敗 41回 31奪三振、防御率3.73

 千葉ロッテ先発は岩下大輝投手だ。前回登板、6月5日の阪神戦では勝ち投手となり、交流戦プロ初勝利を挙げた。水曜日の登板では、防御率1.93とここまで好投している。結果を残している曜日にあやかり、今季3勝目を挙げたい。

 岩下投手を援護したい打線では、中村奨吾選手に注目だ。5月は打率1割台と低迷したが、昨日の試合では猛打賞を記録するなど、復調の兆しを見せている。チームは交流戦2勝5敗と波に乗れていない。チームを勝利に導き、悪い流れを一蹴できるだろうか。

文・小川和弥