【ファーム】福岡ソフトバンクが上林誠知選手の勝ち越し打で広島に逆転勝利

2019-06-13 16:12 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ホークス・上林 復活の勝ち越し2点タイムリー3ベースヒット!! 2019/6/13 H-C(ファーム)

 6月13日、タマスタ筑後で行われたウエスタン・リーグ公式戦、福岡ソフトバンク対広島の18回戦は、同点の場面で上林誠知選手が2点適時打を放つ活躍。福岡ソフトバンクが3対1で逆転勝ちした。

 福岡ソフトバンク先発の中田賢一投手は立ち上がりから制球が定まらず。初回、いきなり2四球を与えると、4番のメヒア選手にセンター前へ打ち返され、広島に先制点を献上した。

 福岡ソフトバンク打線は4回裏に1死満塁としたが、広島先発・モンティージャ投手の前にコラス選手と九鬼隆平が連続三振。外国人左腕の前にあと一本が出ない。

 1点ビハインドのまま迎えた7回裏、先頭のコラス選手が安打で出塁するも、バント失敗などで走者を進められず。2死1塁に追い詰められたが、1番・増田珠選手が安打でつなぎ、1,3塁とチャンスを拡大。ここで途中出場の田城飛翔選手がライト前へ同点のタイムリー。なおも2死1,2塁の場面で、上林誠知選手もライト線へ2点適時打を放ち、3対1と試合をひっくり返した。

 2点のリードを岡本健投手と加治屋蓮投手がきっちり守り、福岡ソフトバンクが接戦に勝利した。なお、負傷から復帰の西田哲朗選手が今季二軍戦初出場。「2番・セカンド」でスタメン出場し、3打席に立って無安打だった。

  123456789 計
広 100000000 1
ソ 00000030X 3

ソ 中田賢一-笠谷俊介-◯岡本健-S加治屋蓮
広 モンティージャ-中村祐太-●永川勝浩-塹江敦哉-矢崎拓也

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/