大谷選手を見逃し三振斬りカーショー投手「ウチを選ばなかったんだ。ま、頑張って」

2018-03-08 14:23 「Full-Count」編集部
ドジャースのクレイトン・カーショ―投手

ドジャースのクレイトン・カーショ―投手

第1打席で4球連続速球の後にスローカーブで釘付け

エンゼルス・大谷翔平選手は7日(日本時間8日)、本拠地でのドジャース戦に「7番・DH」で先発し、2打席無安打に終わった。第1打席にはエース左腕クレイトン・カーショー投手と対戦し、見逃し三振に倒れた。

1点を追う3回先頭での第1打席。2ボールから内角速球を2球連続でファウルし、2ボール2ストライクとなった直後の5球目だった。カーショー投手の代名詞とも言えるスローカーブが外角に決まると、大谷選手は一歩も動けないままに見逃し三振。メジャー最強とも言われる左腕の実力を見せつけられた。

カーショー投手は降板後、大谷選手についてコメント。地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のJ.P・ホーンストラ記者のツイッターによれば、仕留めた球について「見ての通り、カーブだよ」とし、「今はあまり気にならないね。彼はウチ(ドジャース)を選ばなかったんだ。ま、頑張ってほしいね」と話したという。

大谷選手は第2打席には元埼玉西武のブライアン・シュリッター投手と対戦し、遊ゴロ併殺に打ち取られた。