強力打線が5安打2得点と捉えきれず。埼玉西武が巨人に大敗でカード負け越し

2019-06-13 21:16 「パ・リーグ インサイト」編集部

6/13 ライオンズ対ジャイアンツ ダイジェスト

 6月13日、メットライフドームで行われた埼玉西武と巨人の「日本生命セ・パ交流戦」3連戦・最終戦は、2対8で埼玉西武が敗戦。投手陣が崩れ、打線も5安打2得点と沈黙した。

 試合は初回から動いた。埼玉西武の先発・郭俊麟投手は、守備の乱れもあり1死3塁とピンチを招くと、巨人・丸佳浩選手に適時打を浴び、先制を許してしまう。

 苦しい展開はさらに続く。4回表、2死2,3塁とまたもピンチの場面で巨人・炭谷銀仁朗選手に3号3ランを見舞われる。続く5回表にも埼玉西武の2番手・小川龍也投手が阿部慎之助選手に3号2ランを許し、0対6と大きく突き放されてしまった。

 6回表には埼玉西武の3番手としてルーキー・粟津凱士投手がプロ初登板。1死2,3塁から巨人・若林晃弘選手に2点適時打を放たれ、0対8とさらに差を広げられてしまう。

 一矢報いたい埼玉西武は7回裏、8番・木村文紀選手に3号ソロが飛び出し、1点を返す。さらに9回裏、木村選手が相手の守備の乱れで出塁すると、続く金子侑司選手が右翼へ適時二塁打を放ち、もう1点を返すも反撃はここまで。

 埼玉西武と巨人の「日本生命セ・パ交流戦」第3回戦は、2対8で埼玉西武が敗れた。投手陣が大きく崩れ、強力打線もわずか5安打2得点と抑え込まれてしまった。
 
文・粟盛優佳