2試合連続逆転勝ちのオリックス。関西ダービー2戦目で勝ち越しを目指す

2019-06-15 09:34 「パ・リーグ インサイト」編集部

待望の「安達とロメロ」をマルチアングルで

 6月15日18時から、オリックスと阪神の「日本生命セ・パ交流戦」3連戦・第2戦が京セラドーム大阪で行われる。昨夜逆転勝利を飾ったオリックスは、連勝を伸ばし、早々にこのカード勝ち越しを決めたいところだ。見逃せない本試合の見どころを紹介しよう。

【今季対戦成績】
オリックス→1勝0敗 阪神→0勝1敗

【オリックス】山岡泰輔投手 11試合5勝2敗 75.1回 62奪三振、防御率3.46
【阪神】岩田稔投手 8試合1勝2敗 49.2回 26奪三振、防御率3.62

 オリックスの先発は、山岡泰輔投手だ。前回登板した6月8日の東京ヤクルト戦では5回4失点も、打線の援護を得て5勝目を挙げた。今回は、要所を締める投球で失点を最小限に抑えたい。

 オリックス打線の注目はロメロ選手だ。14日の阪神戦では、2試合連続となる本塁打で先制点をもたらしている。今日も早い段階から、先発に援護点をプレゼントしたい。同日に一軍に復帰した安達了一選手とのホームランパフォーマンスも必見だ。

文・今泉友香