【ファーム】下妻貴寛がサヨナラ打。終盤に追い上げた楽天がサヨナラ勝ち

2019-06-15 17:58 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】山形で劇的勝利!! 地元出身のイーグルス・下妻のサヨナラ打!! 2019/6/15 E-F(ファーム)

 6月15日、「荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた」で行われた楽天と北海道日本ハムのイースタン・リーグ公式戦、第11回戦は延長戦の末、5対4で楽天がサヨナラ勝利。下妻貴寛選手が決勝タイムリーを放った。

 楽天・菅原秀投手、北海道日本ハム・村田透投手の先発で始まった試合は、思わぬ形で楽天が先制した。3回裏、この回先頭の松本京志郎選手が敵失で出塁し、村田投手のボークなどで3塁へ進塁すると、1死から2番・山崎剛選手が先制の犠飛を放つ。5回裏には山崎選手の中越えの適時二塁打で追加点を挙げ、2対0とリードを握った。

 2点を追う北海道日本ハムは6回表、四球から得点圏に走者を進めると、敵失と内野ゴロの間に同点に。なおも2死1,3塁の好機から、森山恵佑選手のタイムリーで勝ち越しに成功し、続く7回表には白村明弘選手にプロ初本塁打となる1号ソロが生まれ、4対2と試合をひっくり返した。

 リードを握った海道日本ハムは、7回裏から登板した4番手・鍵谷陽平投手が5者連続三振を奪う快投でつなぐ。しかし9回裏、福田俊投手がつかまった。

 楽天は、代打の内田靖人選手が初球を捉えて二塁打を放つと、続く耀飛選手が3号2ランを放ち、同点とする。そして試合を振り出しに戻した10回裏、代打・岩見雅紀選手の安打で満塁とし、一打サヨナラの場面を演出。ここで打席に入った地元・山形県出身の下妻貴寛選手が、左翼手の頭上を越えるサヨナラタイムリーを放ち、5対4で試合終了。

 楽天は終盤の代打攻勢が上手くはまり、サヨナラ勝利を収めた。敗れた北海道日本ハムは、回またぎでマウンドに上がった福田投手が踏ん張ることができなかった。

  12345678910 計
日 0000031000 4
楽 0010100021x 5

日 村田透-斎藤佑樹-藤岡貴裕-鍵谷陽平-●福田俊
楽 菅原秀-渡邊佑樹-寺岡寛治-○小野郁

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

5回裏、適時二塁打を放った楽天・山崎剛選手(C)PLM

5回裏、適時二塁打を放った楽天・山崎剛選手(C)PLM